夜勤の障害について

夜勤労働者に最初にあらわれてくる症状はイライラ、意気消沈、不眠と胃病、これが次第に健康をむしばむ。そこで同教授はフランス当局にたいして、夜勤交代労働は10年以上させないことにするとか、そのあとの就職あっせんや再教育の機会を保障することを要求した」(『朝日新聞』1976年11月20日)と言うことです。
睡眠時間が短いと高い死亡率人間にとって睡眠時間は一日7~8時間が最適です。表1のように7から8時間の睡眠を取っている人の死亡率を100としたときに、4~5時間の人の死亡率は、159になり4時間未満では280にもなります。また8時間をこえた睡眠をとる人の死亡率が増えるのは、それだけ眠らなければならないきつい労働をしているためです。睡眠時間が短くなるのは、夜勤労働者だけでなく、長時間労働者も同様で、11 時間以上の労働は、通勤や、生理的あるいは社会的に最小限必要な時間のため、睡眠時間が短くなるのです。
夜勤に慣れるのはサルだけ 消防課勤務が長くなると、「体が慣れたよ」と言う人もありますが、オランダのヴァン・ローン博士の実験では、サルは1週間で昼夜リズムが逆転し、夜型サルになりますが、人間は13週間の連続夜勤でも変化は見られなかったといいます。このため、夜勤者が昼間寝ようとしても中々熟睡はできないのです。これは、第一に昼には、脈拍や血圧があがり、ホルモンの分泌も活発になって活動的になり、夜はその反対に、睡眠に適する生体リズが、太陽とともに活動し星とともに眠ってきた200万年と言われる人間の生活史の中で創られたものであり、短期間で変わるものでないこと、第二に、人間は社会的な生活を送らなければ、言い換えれば、夜勤者といえども日勤者と同じ時間帯にしなければならなことが多いことによるものです。

媚薬>媚薬とは、性的興奮を高める目的でしようされる薬のことです。「惚れ薬」とも呼ばれます。服用することで精力が高まったり、異性への興味関心が高まるなどの効果が得られます。

バイアクラ>バイアクラの効果が出るには、正しく飲まなければいけません。全然効かなかったという人の8割は飲み方に失敗しています。正しく飲めば、一時間くらいで硬くならない人や直ぐに萎えてしまう人のペニスが、驚くほど硬くなり、そのバイアクラの効果は5~6時間持続します。