2016/04


仲秋、仲秋、異郷にいる.ふるさとの秋はCDの中の画像が脳裏には絶えず放送されている.あの山、あの水,夜勤者、あの人、あの白い雲が下の田野、丘、森の夢のように.

私は葉、春风夏雨を浴びながら、秋の足音に従って舞い降りて落ちて大地、無辺の秋に、編み一つ一つの子供の頃の夢.

今私の夢想は目が秋水ほど遠くなった.歳月には消えない記憶が.毎年の秋の収穫の時期に直面して、ずっしりと重い責任畑、金色の稲北峠に坡坡、青藤至る所に、靑々としたサツマイモ.お母さんは忙しくてしばらく忙しくて、心配してはならない.母は昼間忙しい稲刈り掘り、サツマイモ、夜は忙しい苕藤、かんな苕切ってやる,磨苕粉などの细活.母親がサツマイモの胡麻酥饼、薄くて、甘くておいしいと、とてもおいしくて、今考えると、後味ず、物欲しそう.母より愁て女傑、けが秋瑾詩の境地鏡湖に秋風秋雨、人を愁殺す.この父親と長期の外で仕事関係、記憶の中で私の家にも外でもすべての農作業のほとんどは母が一人で引き受けるのはいい天気では母が一番辛いこと、彼女を心配しなければならない田んぼの稲嶺上のサツマイモ、そして回収のアワやかんなの良い苕干、磨良い苕粉はいい天気でした.母は心配すると、私たちは秧に遭って.家に帰ってから帰って,
,私達は1つ1つの乖乖は自分の事をしっかりと行うこと.喂猪の喂猪、炊事の炊事、洗濯の洗濯、ないようには、忙しくて疲れて愁の母が怒って.

故郷の秋は忙しいに、故郷の人はとても勤勉です.毎年の秋の収穫の季節、村に見つからない半ぶらぶらする人、私もこの学校の読書の小学生も暇ない、学校へ行く時、一日は弟、妹を背負って一緒に行く人は大雨で、やはり粉雪舞う日、依然としてそう.でも、私のような田舎の女の子はあの年代に本を読んで、本当に光栄に思っています.あの角度からは、慶賀に値する.特に私の家のように兄弟姉妹の多い父はまた長年家にいないで、お母さんは私達に本を読んで、本当にとても悪くなった.放課後、母は少し暇な時間をくれないのです.

故郷の秋は詩人のロマンは、画家の気持ち、畦山地は村人たちの姿はあくせくとなりの肩の上でしょって一担ぎは担がいっぱいの果実、豊作の喜びを誰も遮らない、全現れる彼らの笑顔に.秋の収穫の時期に、村がにぎやかで、至る所すべてさんざめきを満たして、のびのびと、気鋭の光景は、まるで一枚の美しい絶えて、生き生きとして有名な画家の絵は、北宋張択端氏ペンで描いた『清明上河図』で汴京の繁栄と故郷の秋の収穫の時期がどうしてとは比べ物にならないだろう.

この時、異郷に漂流、ゆっくりキャンパス、中秋の夜、そして孤独で寂しくて、望郷の思い、むらむら.思わず感慨、桂花開時の情濃いの書物に付き合って、解千愁;客が、呉越心は楚、欲借秋風を孤鸿>



p〉〈時は> <編集薦
最近の大きさ春城

ガジュマル、枯れ葉を繋げて、冷凍色片、使人难辩秋冬!ビルマケイ枯れ葉が高く、死とは?多くの植物はすべて元の色の色を失って、人を落胆させた!

幸喜の緑化帯は街の中にある花を貼って地面にあでやかに咲い春城屋で、一枚の色とりどりのカーペット、昆明の露出した春のような笑顔.

椿は金堂を始めましたが、緑の葉がすらりと宴、紅花365、濃い装淡拭い迎える賓客と、交替の撮影の音、混じえて歓声の中、遮れないうららかな春景色を覆い、一副吉祥盛況図.

p>に散っ春城<街のモクレン、ツバキと花のように、冬春開放、木蓮の花弁のほか紫で白静上品,
.クリーム色、純粋な白いおおらか、1位のきゃしゃな君子に限り、凍不死、花が鈴なりに、喜び、狂.

昙华寺牡丹展は、空前の盛況、ここはかつて何度も終わり、展示、花小さい輪は柔らかくて、ひ弱幽霊に浜風がたい印象的.今年の展示の牡丹は大きく人々の予想外に変え、従来の一般庶民のお嬢さん.枝葉が茂る花だけでなく、伸び自在、さらに色鮮やかに.赤い火、白の純、粉の艶、多色の美、どう見ても、牡丹の姿に、活気に満ちたの状態、本当に花の王.

去年の冬春城

に出会った二十数年来最も寒い冬には多くの植物は凍死、人々の印象では、花难敌寒風と寒気が、現実はと人の想像とは裏腹に.春城椿、ハクモクレン風姿はない、風雪に開放して,夜勤者、意外のは牡丹の牡丹、意外にも冬の後、最も華やかな花が咲いた.これは私が何十年に初めて一番綺麗な牡丹を見ました.

p人は洛陽の牡丹を言うと言い、洛陽牡丹.現実には、洛陽には牡丹、今年の牡丹は冷凍効果、園芸師がずば抜けて栽培の結果としても.とにかく今年春節の昆明の牡丹は人々の眼球を満たし,多くの人の数年の宿願を完成しました.牡丹はさすがに天の嬌子、本当に艷圧群芳、昙华寺公園火がよく出!

を見ました.自分の心の中の本当の牡丹、冷雪後の粘り強くて、高くないで甘え,富を自慢大様な態度.牡丹の身で、私が見た心身を合わせた気質だけでなく、彼女に華麗なうわべの米、更に1種の積極的な精神を、私は突然発見して自分を好きになってこの高貴な牡丹、彼女のために豪華な外観が隠せない高貴な気質が感心する!

2016-02-28

Pは、



ラサアプソー、ラサ,
,何が靑空靑空、何が白雲だと知らない.

05年単位でえ靑蔵鉄道はラサ川の橋の建設、幸いに行ってきたラサ.飛行機はラサの空港で着陸し、機倉田、すぐに高原反応.第二日酔いの遊覧ポタラ宮惚麗酔い惚麗とジョカン寺.泳いで、本当にたまらない,夜勤者、病院へ注入酸素を吸い込む.酸素チューブを進鼻、鈍感精神倍増.三日目に続く高台を越えて、海抜5190メートルの根を間違って、遊覧那木湖.

元ナムツォ湖と呼ばれて天湖は、チベット三湖の中で海抜最高の湖で、我が国の第2の大きい塩水湖は,今から200万年前、地殻の強い運動陥落に加え、氷河活動の影響の形成.私が行った時は夏にちょうど夏になって、その湖はまるで海、湖は緑、碧波万百畝.

の白い雲の中で靑の空の下に漂う;念青タングラ山々は長年の雪に覆われ、ナムツォ湖南岸連なって.湖のほとりに散見のヤクはチベット観光客に遊んで撮影して索.ナムツォ湖のほとりに立って、やっと知った古来のタングラ山脈の雄姿と雪高原の美しいです;やっと何に分かるのが靑空、何は白雲.



p>私は<白霧に立って、頭をもたげて頂上が見えなく古寺の姿が、ここで霧をよく純粋な白!純粋ような風土の佛音寺で、感じられる心の空明、一見ほど濁ってはそのような清新.

は目を閉じて、私はまるで聞到土の香りで、1種の深い未練つきまとって心の間には、一種のしようがない恐怖を交えて、これは私にとってのものを振り切るのに、とは切り離せない存在!

Pは、白くて押し合いたちくちくの光は、このように清明にまぶしい、心の中には,心の凄みがある.これは私のかつての無下画面で、またまたつかめない恋の意味です.

私は知っていて,
,自分は何を恐れて、何を逃避します.

私は心の中で心の叫びを感じることができるためです.

p私は知っていて.

が近づいて、ただまた秋の身震い、ああ!気をつけないであるが,夜勤者、それは貪欲である字、1本のたばこを振り返って、それは臆病でも触れることはないのだ.

かもしれないかもしれないが、知らぬ間には葉が晩秋のうら悲しさの形容!つかめないのは目を見開いて、指先からかすめる、音もなく、目の前には光の中に散ってゆく白くて!



は、あなたは、その存在には見えないが、その存在には見えない、というのが、彼の存在.

あなたの瞳が何かごまかすのは何ですか?まわりのすべてをはっきり見えないものは何ですか?

決着、それ卸去偽装、凶悪な顔が.

それ置く一面の虚無の幻、光と影の作用の下で、瀕死のあえぎ生息.

p> <あなたにキレてそれに対し、それはほんの未聞.あなたはそれに対して命令できない,たとえあなたの不満を口にし,あなたも無カ所の訴え.これはユビキタスのほこりで、それは瑕疵ですべての美しいことを覆い隠すためです.

ああ、汚職の眼中にないですか?誰のほこりは他人の眼中に入らない?

あなたに目を光らせ時、その唇は印刷してあなたの額.君は逃げても、君の全身を.

P、そしてその階段、床、部屋のそれぞれの隅、その痕跡が.

P、真っ白なタオルやモップを探して、きれいに拭いて!

君は冷たい地にひざまずい、その印影をクリアし、彼らが犯した罪を非難する.

p―――落塵非情.旧塵は、新しい塵がまた来て.

あなたが塵の

ベール、一緒に落ちる幻の深淵,夜勤者、煙を散らして.

は!君は一つのほこり、空気中に漂う,.



滯在は刹那、転身は天涯.

鋭利の鋭利な歳月は1つの骨肉の豊満の人を、無比に削減することができます.

私たちは、いつから霧雨のもうろうに好きになりましたか?漂う君に慣れてきた僕、いつから、質樸の安定に憧れているのか.

私たちはただ、修飾、結末の前には、その名の形にしていないと、私たちは、修飾の過程では、それは、さ、それは.

Pは本物の諧謔、儚いシンプル、私たちは自由自在、私たちは自在に把握できない.

にただ一面の師走のシルエット、まだ悲しき作り笑いをするよろめいて,自分の時間がない見通し,夜勤者、来ない、運命に相忘る.

Pは黙黙、心に深く心に.

を半壷竜井、聆半日琴瑟.

他人はこんな生活をしていると言い.

私はあれらの本を読んで、もう頑固な抵抗の世の中を抵抗して、恨みと愛と、受け入れと.

p>,
;近日<愛さ.

には良い酸の味はない、因由、甘い清冽.

良薬は口に苦しで、1粒の梅.

無駄な桟橋に佇むその花びらに赤心.

Pは病床にして,彼女は自分には何もありません.

など止水の人は、強い酒を巻き起こし、炎の心臓がない.

p

では、また、あるのですね.



p>と<なんとなく一日が過ぎ、私はまだ生きて、何も食べない、食べたくなくて、この時に体が弱って、手が痛く感じはしないが、しかし心の中の痛みは愈えないの.昨日は私が間違っていましたか?私は気が狂いましたか?私は崩壊した……生きている、本当に疲れてると思う.私は1つのゲームを遊びますと、生きているというのは、その颖儿人、私はお父さんと認識したお母さん,そして生だった私は.小さい頃おじいさんのおばあさんの身の回りで育ち、私の子供は屈託暢気、とても楽しいです……

私は,
,非常に反抗的になっても、私は自立して自立することはできません、私は、非常に叛逆、私は、世界に立つことはできません!中年の私は、半生のでこぼこ,夜勤者、、**に耐え、現実は私を捨てて.私は夢、私は確信し、実現することができるもの、必ず実現することができます.

私は街ですべて人の目の眼光を恐れて、感じはとても無力だと感じて.私は自分でも守ることができなくて、私は私が現状を変えて、現状を変えて、そして引き続き生きて.本当に疲れて!生きてるなら、何か理由、自分に思い出を探して……どうしてこんなに疲れてるの?



p>と<斬首して、ただ一了百了,
.

日々の想いが深く凌遅刑.

—–題辞

あなたの呼びかけに対して、<P>はあなたの呼びかけに対してですPは答えがない

はあなたの夜

はすべてあなたの夜

を思っています悲しいのは悲しいだけだと

が、悲しい上藤

があなたのお離れ

はpは神様からの悲しい

はあなた、誰も私をかわいがることができて,誰も私を寵愛する

あなた、私の足どりはどのように邁て

はありませんあなた、私はどのようにするべきですか?Pは習慣に慣れて

を勉強しているPは最も無力な我慢だ

P川の両岸にはもう回復し

は春暖

春暖

春暖<P>春暖

では

は春暖<P>ですPも永遠にならないPあなたの付き添うことが少なくなりました.私は未来<には見えない思い出は

はPは涙の澎湃空はちょっと曇っている

Pはほんの少しの勇敢

は少なくなりましたあなたの付き添うことはありませんPはすべてそんなに難しいです

Pは開きません、わかりません,

はわかりません夢の中ずっと待っているPの現実は首を長くして、

としてはあなたが帰ってくると信じています.たとえ命

に両替

Pは神の審判<P>を受け入れるPの愛<P>にはあなたが私の借金を借りているのはあなたです来世あなたは更に更に更に

をする必要がなくてあとがきあとがきあとがき:あとがき:あとがき:あとがき一度くらいでも腰が痛くて,夜勤者、夢から覚めても、夢に覚めても事実は変わらないまま過去

には戻れないと思います.



P(1)(1)(1)(1)

君の姿はまだ覚えているPはますますぼやけている

この雨はあなたのように下には<P>ではないらしいですPは,夜勤者、長い間止めたくないんですけど

はPは少しずつ過ぎて

しています.君がそこにいるとゆらり

には蕩蕩

があるからPは風に風と同じ

ですp>無所番地<

P(2)は夜、静謐、静謐

たまに虫虫が聞こえてる

にしても、その晩には<P>があるかもしれないみんながそんなに熟知していることを知っているにしても,その晩には<P>があるかもしれないみんながそんなに知らない

はすべてそうに見える

P(3)(3)は覚えている時、忙しいふりをする

もうあの寂しい心が隠せない

は時,寂しさをふりふりをする

もうあの孤独の心

はないのにP(4)はPは過去に戻りたい

にはに憧れている夢<P>にあこがれて

と憧れているPは過去に戻りたい

には以前の日はあんなに舒<P>だった

はPは過去に戻りたい

には永遠不変の言葉

は永遠に不変の言葉Pは過去に戻りたい

にはPの素敵な日

旅行

旅行<P>pは現実を避けるために

ですPの地方

にはPは別の見知らぬ慰謝

を探していますは、両者はすべて

があるかもしれない



若いの夢想、とても幸せで、仕事、子供、心の中で非常に幸せで、今の余裕はないけど.主に夢があるから.子供を見て,夜勤者、心がとても美しいです.子供は大きい、事が多くなって、子供の考えも多くなって、多くの事子供はできないで、私に失望させて、子供は自信がなくて、自分もとても楽しくなく、幸せは一体何ですか?

私は、小さい時あなたは子供の要求に対して何かを教えて、私は、子供に良い着て良い、健康な楽しみの成長をさせます.今は、勉強、勉強、勉強、勉強、勉強、勉強,勉強、勉強,勉強、勉強、勉強、勉強.あなたの要求は間違って、勉強は子供自分の事、小さい時子供が遊ぶように、今あなたも子供に良いことを学ぶべきで、健康で楽しい成長の成長を求めます.彼は自分で遊んで勉強して、勉強する、勉強は彼の長い本領、将来社会の生存の道を歩き.彼はどうして勉強しないんだ!あなたは白い心配をして、むだに気を心労.役に立たない.

智者は結局知者聞いたら、やっと急にわかって、幸せな幸せではない、自分の考え方次第で、この世界に、無事、自分の凡人、無理はないね,!

私はよく私の生活、子供は良い子の生活をして、どうして全身心の心の破壊することがある秩序と規律を破壊することを行く必要があるか?.